2007年03月28日

スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団 |スクウェア・エニックス

スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団
スクウェア・エニックス
Nintendo DS Video Game
発売日 2005-12-01




素材は良いので、もったいない 2007-03-15
グラフィックはとても細かく、スライムたちはプヨプヨと良くアニメーションします。

背景も綺麗で、最近のゲームの中では、かなり優れたドット絵だと思いました。



音楽も高品質です。



ただ、肝心のゲーム部分が熱中できません。



ジャンルは2DアクションRPG、昔のゼルダのようなゲームですが、

それの難しい部分を一切排除したような内容です。

謎解きもありませんし、アクションも簡単すぎます。



それと、前作では要所要所でボスとの一対一の対決があり、アクションゲームとしてなかなかやりごたえのあるものでしたが、

今作では、物語の節目の戦いは全て「戦車対決」になりました。

そしてこのゲームの”ウリ”であるはずのこの「戦車対決」が、困ったことに全く面白くない。

まるでミニゲームのような単調さで、最初の数回以降は完全に作業プレイになってしまいました。



全体的にあまりに簡単で緊張感が無く、プレイ中に眠ってしまい、DSの電池が切れて数時間のプレイがパァになって、そのままやめてしまいました。

簡単すぎる故に、セーブを怠っていたんです。



前作のほうが優れたアクションゲームであると思います。

何度も死にながら、自分のテクニックを上達させて苦難を乗り越えていく…そういうところにゲームの醍醐味を見いだす人には全くおすすめできないゲームです。

逆に、アクションが苦手、何も考えずにほのぼのしたい、スライムが(かわいいものが)好き、という方にでしたら合うゲームかもしれません。



入門ソフトとして最適 2007-02-14
タッチペンを使わない仕様ですが(GBAで開発が進んでた?)

入力系にほとんどストレスを感じることなくさっくり最後まで

行けました。



実は、ゲーム自体ほとんど経験がない親せきの子が、はじめて

自分ひとりで最後まで行ったソフトなんですよ。

これまでは、ルールが飲み込めなくて周りの大人に全部やらせて

見てるだけだったりしたので、さすがドラクエシリーズのユーザー

インターフェイスは侮れないと思ったのでした。


もっと詳しく!≫


posted by riri at 18:00 | ドラゴンクエスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。