2007年07月28日

ファイナルファンタジータクティクス  プレイステーションコミック第3弾「2999年のゲーム・キッズ」

プレイステーションコミック第3弾「2999年のゲーム・キッズ」



プレイステーションコミック第3弾「2999年のゲーム・キッズ」







廉価版「読む」ゲーム。
渡辺 浩弐氏原作のSFファンタジック・ノベル。
どう見てもロボットなのに、自分たちが生物(?)と信じて日々を暮らしている奇妙な世界で、ある事をキッカケに、主人公にその裏の顔を見せる街の正体とは…。
可愛らしい絵柄と心に響く音楽で、絵本的な世界を魅せてくれるソフトですが、「安い値段で売る」というコンセプトで作られているので、選択肢もゼロに近い上に、数回読んだだけで飽きてしまう短いストーリーという理由からか、発売当時、全く売れなかった悲しいソフト。
完全版の本があるので、今からチェックしたいという人は、そちらをオススメします。



ファイナルファンタジー獅子戦争
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 04:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。