2007年08月10日

メタルギア ソリッド  ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア

ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア



ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア










FFT-獅子戦争のようなシリアスな物語を求めている方は避けた方が賢明です
レヴァナントウイングに続くイヴァリース関連の作品です。

通常プレイしてからでないとレビューは書かないようにしているのですが今回はトレーラーや記事などを見た中で感じた事を書こうと思います。

雰囲気はFFTAと同じで展開も基本的に同じと言って良いでしょう。主人公が不思議な本の力でイヴァリースに行き、冒険をしながら元の世界へ帰る方法を見つけるというものですね。

システム面でも今のところあまり大きな進化、変化は見られずちょこっと何かを追加したり前作で評判が悪かったロウを改善したりする程度でしょう。

イヴァリース作品はFFT(獅子戦争)、ベイグラントストーリー、FFTA、FF12、レヴァナントウイングと出てますがイヴァリース作品の生みの親である松野氏が最後まで関わってるFFTAまででFF12で途中降板しその後は関わっていません。「松野氏って誰?そんな人別にどうでもいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、例えばスターウォーズで言うとジョージルーカスのような人であり、イヴァリース作品にはなくてはならない人なんですね。あの人がいなくなったことでFF12も途中からシナリオに起伏のないつまらないものになったり、レヴァナントウイングに関しても全体的にユルいものになってしまったわけです。

この間獅子戦争がPSPでリメイクされてそれを初めてプレイし、イヴァリースに興味を持ち始めた方もいると思いますがFFTA2はライトユーザーや小中学生向けをターゲットに作られている事は明白なので、獅子戦争と同じようなシリアスで重厚なシナリオ、よく練りこまれたシステムをFFTA2に求めるとハッキリ言って痛い目を見ると思います。

私はFFTA自体あまり好きではなかったのでこんな評価になりましたが、FFTAが好きな人は高評価になるでしょう。

発売されていないので断言は出来ませんが参考程度に感じ取ってもらえると幸いです。

原作者不在のまま作られてしまった問題作
これは全く期待できそうにない

何故ならタクティクスシリーズを作ってきた

松野泰己は既にスクゥエアエニックスを退社

してしまっているからだ。



評判の悪いFF12ですら

前半は面白いという意見が多いのは

途中までは松野泰己が関わっていたからだろう



言わばこの作品は死者に対する冒涜であり

オウガバトル、タクティクスシリーズファンに対する侮辱である

早くプレイしたい!!
前作も購入しました。操作もストーリーも難しすぎないのが私にピッタリで、

サクサク進むしジョブチェンジも楽しいし、夢中でプレイしてます。

あまりエンディングまでは続かない私が、エンディングを見ても

プレイし続けている、貴重なシミュレーションRPGです。

普段あまりこのジャンルをプレイしない人にも、このゲームはオススメです。



メタルギア ソリッド ポータブル オプス 攻略 パスワード
posted by riri at 19:34 | ファイナルファンタジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。