2007年08月10日

メタルギア ソリッド  ファイナルファンタジーコレクション

ファイナルファンタジーコレクション



ファイナルファンタジーコレクション







スーパーファミコンで発売されたスクウェアの大作RPG『ファイナルファンタジーIV』『V』『VI』をプレイステーションに次々と移殖。オープニングやエンディングなどに美麗なムービーが追加され、話題を呼んだ。本作は、その3作品をひとつにまとめた、まさにメモリアルなソフトだ。本作をプレイすることで、のちのシリーズに影響を及ぼした部分をうかがい知ることができる。『IV』から採用された、戦闘をリアルタイムで楽しめるアクティブ・タイムバトル。『V』では、『III』で好評だったジョブシステムをさらに改良し、さまざまなアビリティーの数々が生み出された。また、『VI』では、仲間キャラが増え、プレイヤー自身がパーティーキャラを選択したり、幻獣(召喚獣)や武器を使ってキャラクターのアビリティーをカスタマイズしたりと、新しいバトルシステムも提案した。シリーズを重ねるごとに進化するビジュアル、シナリオや演出部分はいうまでもなく、このほか随所に、これはと思わせるものがある。まだ未経験な方には「ファイナルファンタジー」を知るうえで貴重なソフトといえるだろう。(池村慎一)



究極の幻想
今やっても十分に楽しめます。バグ技ができなくなったりダッシュできたり、SFCから少しだけ調整されてます。ただ、ロードの速さだけは逆に遅くなってます。6はデータが見れるのですが、グレネードの出現場所が間違ってたり、キングベヒーモスから盗める物がバリアントナイフになってたりします。正しくはグレネードが獣ヶ原南の森で、盗める物はソードブレーカー。バリアントナイフはSFC版です。

古き良きFF
久々に引っ張り出し、4、5の順にクリアしていっています。(6はどうするかな・・)



やはり思うのは、ゲームハード・ソフトが進化していく中で、例え

過去の作品であっても良い作品は改めて良いという事に気付かされます。



現代のFFはオーケストラにしたりCGを駆使したりと頑張っていますが、

ストーリーは勿論サウンドに関しても現代のFFとは比べ物にならないほど良いです。

ドット画にもかかわらず、それらが本来のFFの味を出しているのです。

FFシリーズが進化するに伴ってストーリーや世界観から見たFFはさらに劣化を続けています。

ムービーも大切かもしれませんが、もっと大事な部分見落としているように思えるスクエニ。



12,13とかもう・・・FFじゃないですよね?FFの名前を借りた別物と思っています。

過去の良作(8を除く4?9、1?3は未プレイ)のような作品はもう二度と生み出されることはないでしょう。それが非常に残念。

よきFF
たまに引っ張り出して遊んでます。
バックに流れる音楽は、今でも色褪せることなく素晴らしいです。
このコレクションは、古きよき時代のFFが詰まっているとおもいます。
他のゲーム機でも色々リメイクが出ているので、是非一度遊んでみてください。



メタルギア ソリッド ポータブル オプス 攻略 パスワード
posted by riri at 19:34 | ファイナルファンタジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。