2007年08月10日

メタルギア ソリッド  ファイナルファンタジーIX

ファイナルファンタジーIX



ファイナルファンタジーIX







本作のテーマは原点回帰。あの「クリスタル」が復活し、中世欧州をモチーフにしたファンタジックな世界が舞台となっている。そして、また新たになったバトルシステムは、装備品である武器・防具がカギを握ることに。武器・防具には「アビリティー」(盗む、カウンター、魔法など)がセットされており、装備することでそのアビリティーが使用できるようになる。さらに、アビリティーはバトルで勝利した経験値で習得も可能。アビリティーの習得には、多くの装備品を手に入れることが重要になるが、装備品はショップで手に入れる以外に、アイテムを合成することで新たな品を生み出すことができ、発見や収集をうながす仕組みになっている。また、新システムとして主人公とは別の場所で行動するキャラを操作し、特定のイベントをプレイするというアクティブ・タイム・イベントを導入。物語の裏側や各キャラのエピソードが知れ、より感情移入しやすくなっている。このほか、本編とは関係ないミニゲームも多く収録。なかでも『VIII』で好評だったカードゲームはさらに進化して奥深いものとなっている。(池村慎一)



FFの中では一番のデキ
原点回帰ということで、キャラクターすべてが5頭身です。

8頭身で慣れている方にはちょっと慣れかもしれません。

でも、ストーリーは最高級です。

クリスタルが今回のゲームのカバーなっているのですが、あまりクリスタルはでてきません、

残念ながら。ストーリはクリスタルというよりも、個々のキャラクターにある物語について触れるのが多いですね。

自分の無知や弱さ、それに自分という存在価値。

この作品はそんな人間の複雑な部分を取り上げています。だから、ストーリーは奥が深いです。

でも、腑に落ちないものもあります・・・

残念なところは武器や防具系のものをいったん売ってしまうと、後に買えなくなると言う不便さ、バトルのやりにくさ(PSのゲームなのでしょうがないですが)、カードゲームのわかりにくさですね。

もしやるなら攻略本を片手にぜひやってみてください。いろいろな懐かしいキャラクターやイベントがたくさんあるので。

最後のボスは意味が少し不明でしたが、でも、その後のエンディングは感動ものです。

「Melodies Of Life」もゲームにあっていて美しい歌です。

絶対とは言いませんが、FF好きならやっても損はないと思います。

やり込める作品
FFシリーズの中では異色な感じはしますが、とても面白いです。

個性的なキャラが多く、シナリオもシリアスとギャグの対比が丁度いい感じ。

ミニゲーム等もやり込める点が多く、過去のFFシリーズに出てきた懐かしいキャラ達も出てきます。

ちょっと戦闘に難がありますが、1度プレイして損はありません。

攻略本があるとなお深くプレイできます。



FF1?8の集大成
原点回帰をテーマにしどこか懐かしく温かみのあるキャラクターと世界観がとても良かった作品です。シリアスな展開も多いのですが、仲間と乗り越えて成長していくところがうまく表現されています 戦闘では一人一人の役割が決まっているのでFF4に近いと感じました 何かと影の薄いFF9ですが、今更、5等身、だからと敬遠してしまうともったいない作品です 。心を描いたFFと感じましたお勧めします



メタルギア ソリッド ポータブル オプス 攻略 パスワード
posted by riri at 19:34 | ファイナルファンタジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。