2007年08月10日

メタルギア ソリッド  ファイナルファンタジーVIII

ファイナルファンタジーVIII



ファイナルファンタジーVIII







大人気RPGシリーズ「ファイナルファンタジー」の8作目。プレイステーションのもつ能力を限界まで使い、風になびく髪の毛や服の質感、そして表情までもリアルに表現し、映画のようなムービーが楽しめる作品。前作よりもリアリティが追求され、キャラクターを8等身で表現。より人間的な描写を行い、まったく違和感のないタッチを作り上げている。その他の主な変更点は、戦闘を経験することで成長していくガーディアン・フォース(前作までの「召喚獣」に相当)が登場したことと、魔法をモンスターから奪うようになったこと。ガーディアン・フォースや奪った魔法を身に付けることでキャラクターを強化する、ジャンクションシステムが導入された。ゲームシステムにはやや複雑で難解な部分もあるが、愛をテーマに繰り広げられる壮大なストーリーと、RPGという枠を超えた演出で、人を魅了し感動させるゲームといえる。(秋月昭彦)



カッコよさと映画っぽさを目指したFFその2
私はFFは1?12は全てやりましが(10-2を除く)全部好きか?と聞かれると、頭をよぎるのがこの作品です。映像、音楽は良かったのですがストーリーがよくわからないのと戦闘とキャラクターに不満が残りました  前作がそれなりに好評だった為か 前作は超えていると言いたげな所が目立ちました 8等身にしカッコよさ、リアルさを追求したかったのは解りましたが そのわりには心情が幼稚で 必要の無い箇所にムービーがあり肝心な所で物足りず、 戦闘では緊張が薄くジャンクションシステムが魔法の使用機会を減らし特殊技も使用条件が不便に感じました カードやサブイベント等はとても良く作り込まれているだけに残念です  ラグナ達がメインの方がFFらしくて良かったのではと思いました

FF史上最強の駄作
シナリオ、ゲームシステム共に最悪のFFです。

発売当時これは未完成で無理やり発売したなと思いました。

とにかく!すべてに変なんです。

シナリオはラグナ編はそこそこ話として成り立っているのに本編は???と思う箇所が多く強引なの展開の連続で、主人公の性格も変化してゆくというより多重人格者ビリーミリガンの如くDISC3で別人になります。

登場人物全般8頭身と高くになりましたが、反面精神年齢はかなり低くアンバランスでとても17、18歳に見えません、せいぜい10代前後がいいところです。

ゲームシステムは戦闘中のドローにやたら時間がかかり、レベルが上がれば上がるほど雑魚敵に瞬殺されます。

ここまでFF史上最強の駄作となると20世紀のゲーム史に刻まれる為に発売されたとしか思えません。

シリーズ中もっともつまらなかった
7までは、すべてクリアしましたが、この作品だけはまだクリアしてません。買って2時間で

飽きました。また単純にレベルアップしていけば敵に勝てるようなシステムでなく、自分のレベルアップに比例して敵レベルも上がる。

必死でレベルアップするのが無駄になるのはいかがなものか。とにかく最近のRPGはシステムが

複雑化しすぎていて、昔のように説明書なしでも、だいたいのシステムや、操作方法などは理解できたのに。映像はすばらいいが、ただそれだけ。戦闘モードも、はじめは感動するが、毎回だらだらと

アニメーションを見せられると、ただただかったるい。じっくりやりこみたい人には良いかも知れないが、サクサク先へ進みたい人には、お勧めしません。FFをはじめてプレイする人は、8から始めるのはやめたほうがいいです。ぜったいFFが嫌いになります。



メタルギア ソリッド ポータブル オプス 攻略 パスワード
posted by riri at 19:34 | ファイナルファンタジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。