2007年08月10日

メタルギア ソリッド  ファイナルファンタジー タクティクス PS one Books

ファイナルファンタジー タクティクス PS one Books



ファイナルファンタジー タクティクス PS one Books







シミュレーションRPGの名作『伝説のオウガバトル』や『タクティクスオウガ』でゲーム界に名を馳せたゲームクリエイター、松野泰己。彼お得意のシミュレーションRPGの文法を用いて、もうひとつの「FF」の世界を作り送りあげたのが、「ファイナルファンタジー タクティクス」だ。その名作が「PS one Books」としてエントリーされることとなった。 その昔、大国イヴァリースで起こった「獅子戦争」。その熾烈を極めた戦いは、英雄王ディリータによって終結したと語られていたが、長い年月の間、隠ぺいされていた書物には真の英雄、ラムザの存在が記されていた…。本タイトルでは、ふたりの青年の対称的な生きざまを描いた長編ストーリーが語られる。 シミュレーションRPGという形態、ストーリーでは松野ワールドが色濃く強調されながらも、見ごとに「FF」シリーズの世界と融合しているといえる本作。ジョブシステムやアビリティ、「ケアル」といったおなじみの魔法が出てくるので、シミュレーションRPG未経験でも「FF」ファンならすんなりと新たなシリーズの世界に入っていけるだろう。高低差のある立体的な3Dフィールドで、それまでのシリーズとは違う、少々タクティカルな戦闘を堪能したい。(荒沢有紀哉)



オルランドゥはすっかり有名人レベル   『LV99』
私が今までやってきたS・RPGの中でこれよりも感動し、楽しんだ作品は見たことがありません。システムはタクティクスオウガの方が上でしょうけど、バックの背景、人間ドラマ、BGM、美しい世界観等を含めて総合的にみればあきらかにこちらの方へ親しみが持てますね。



何度やったことだろ?私が小学生の頃にやり始めたゲームです。その頃は世界観が難しすぎて(読めない漢字も多かったし)楽しかったのは自由度の高い戦闘でした。自分で一生懸命レベルを上げたり、友達に忍者の条件を教えてもらったりして楽しんだ記憶があります。大人となってもう一度やると子供のころには見えなかった世界観が見え、また違った楽しみ方ができるようになりましたね。よくもまあこんな残酷なものをやってたもんだ(笑)。つくづく魅力的な作品だと思います。大人っぽいサウンドノベルややり込み要素も充実してるし、シビアではあるけれどもファンタジックな世界観は忘れていない。子供は子供の楽しみ方が出来て、大人は大人の楽しみ方が出来る。全年齢対象とはいかなくとも、プレイヤーの事をしっかりと考えている名作です。私はこの頃のスクウェアが好きでした。



人間の心理を巧みに描いたこのゲームはお勧めです。アクティブターンを生かした品のあるタクティクス、是非一度体験してみて下さい。











確かに面白いが・・・
SLGとしてはかなりデキの良い作品。
とはいえ「オウガ」の二番煎じ的な感は拭えない。アビリティのバランスももう少し練り込んだほうが良かったかもしれない。
魔法剣かなり強烈ですし、剣聖は鬼の強さを見せてくれます。
相当レベルが高い作品ではあるが、あくまでFF版「オウガ」として。至高の作品としては元祖「オウガ」には届かない作品と思います。

惜しいゲーム
TOの立体的なシミュレーション戦闘と、FFのジョブシステムの融合によって、

プレイヤーは戦略とキャラクターの育成をバランスよく楽しむことができる。

食うか食われるかの戦乱の中で、自身の矜持を貫こうとする主人公は

様々な登場人物の思惑の中で戦っていくことになるのだが、

その人間ドラマは、特徴的な台詞回しと相俟ってのめり込むこと請け合いだ。

が、しかし。

詳しいことは書かないが、終盤になるとこの「システム」と「ストーリー」両方がやや破綻気味となる。

決して酷いわけではない。酷いわけではないのだが、序盤?中盤の話運び、戦闘が面白過ぎたのだ。



ちょっと後味の悪い書き方をしてしまったが、

他にも優れた演出とか、魅力的なキャラとか、設定の緻密さとか、

チビキャラの動作の巧みさとか、本編以外のオマケ要素の充実とか、

イラストの絶妙なデフォルメ具合とか、

良いところはたくさんあるので遊んで損はないゲームである。



メタルギア ソリッド ポータブル オプス 攻略 パスワード
posted by riri at 19:34 | ファイナルファンタジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。