2007年04月30日

ファイナルファンタジーXII(特典無し)

ファイナルファンタジーXII(特典無し)



ファイナルファンタジーXII(特典無し)






本作はPS2で発売された『ファイナルファンタジー』シリーズの最高峰であると断言したい。日本製RPGの強みと弱みは「一本道」に集約されると僕は考えている。「一本道」のストーリーがスルスルと進めばストレスなく遊べるけども、一度つまづくと進行が止まり長時間右往左往することになる。

『ファイナルファンタジーXII』では、ざっくりといえば帝国とレジスタンスを巡る戦いが本流となる。が、例えば強敵にぶつかり、その本流がつまづくことはどうしてもある。しかし、問題はない。サブミッションやモブ討伐、宝探し、アイテム集めがたっぷりと用意されていて、寄り道しているうちにレベルが上がり、気付くとゲームを進ませやすい状況が形作られている。

支流があまりにも多くあるため、本流のストーリーを忘れてしまいそうになるのはご愛敬。本流の重厚なストーリーに疲れたら、軽めのミッションをちょっとこなす。その切り替えのスムーズさと選択肢の多さが、プレイヤーに『ファイナルファンタジー』の世界を隅々まで味わわせてくれるのだ。こんなに手の込んだRPGは、ない。だからこそ、やはり『ファイナルファンタジーXII』を最高峰と断言したいのである。

(柿崎俊道/ゲーム、アニメ業界を中心に活動する編集・ライター。著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』など)



最近
価格も安くなり、大好きなFFシリーズだから買ってみました。やり始めてから2日目ですが、何も問題ないと思います。声優のバランスだとか個性だとかそういうのでゲームを見るのではなく、純粋な気持ちでやれば悪いゲームとは思えません。システムも好きですし、FFの進化を感じさせる作りだと思います。スクエニはまだ終わってません。これから更に飛躍することをファンとして支持していきたいですね。

意欲作
意欲作です
まずムービーがとても綺麗、操作中も細かいとこまでリアルです、さすがスクエニさん
そしてゲーム内容
別につまらなくはありません、しかし操作してないキャラ2人がなんかな、って思ってしまいますガンヒットで細部までいじれるにしても難しい、
あとレベルもなかなか上がりません、話も重圧少し難しいです、召喚獣がたよりにならない
けど熱中しましたよ、途中までね
制作者がんばったなって思える作品、内容はどうあれ続編もでてます買ってみてもまあ損はしません、

普通に。
FFは3からやっています。この作品は今までの戦闘方法をブチ破った物で、新感覚で楽しめました!ストーリーも中々良かったと思います。

ただ・・・難を言うならば、主人公の存在意義がわからなく・・(笑)完全に脇役になりきってます。それ以外は、酷評されるほど酷くもないような・・?
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special



ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special






名作ボードゲーム「いただきストリート」、通称「いたスト」シリーズのまさに『Special』な豪華版。超人気ゲーム「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」シリーズから人気キャラクターが夢の共演を果たした。
基本的にはすごろく式の簡単ルールで、サイコロを降ってマスを進み、お店や株を買って「資産」を増やし、ゴールを目指す。今作ではビジュアル面はもちろん、ゲームシステムや発生イベントも豪華にグレードアップしている。
すごろく盤の舞台となるマップも両ゲームシリーズから登場。オリジナルをもとにしたマップならではの仕掛けも満載で、懐かしい舞台を「いたスト」で改めて冒険できる。
スクウェア・エニックスを代表する2大RPGの競演により、人気キャラクターたちがシリーズの枠を飛び越えて、会話や駆け引きを繰り広げる。スライム、ローレシアの王子、そしてチョコボ、クラウド、ユウナらが同じ舞台で大活躍する。
対戦キャラの個性によって駆け引きや戦略が勝負に大きく影響するので、単なるボードゲームではない攻略度もグンとアップしている。両ゲームシリーズで人気のミニゲーム、カジノやレースも一攫千金に一役買ってくれる。
ゲームデザインは堀井雄二氏が担当。BGMも懐かしい曲から最新作の曲まで、数々の名曲が再現されている。もちろん人気キャラクターのセリフや感動のシーンも満載だ。1人から4人まで奥の深い遊び方が楽しめる一作だ。(江口 真)



結構おもしろいです
友達に勧められて購入しました。

簡単そうに見えて奥が深いゲームです。



問題点をあげるとすれば、トーナメントをやるたびにcomの洗脳ダイズを使った出目の良さには腹が立つところです。



あと一試合をやるのに結構な時間が必要なのでトーナメントでcomに僅差で負けても立ち直ってもう一度チャレンジする強い精神力が必要です。



新要素のスフィアバトルはなんか微妙です。

動作が一々長くダルイです。



空き地ルールはおもしろいですw



最初は中々勝てず、売ろう売ろうと思っていましたが何試合もやっているうちにコツが掴めて段々インチキcomに勝てるようになり楽しくなってきました。

今はメチャハマってます。



実力者同士が戦えばかなり盛り上がれます。

やはり対人戦が一番です。



根気がある人は是非、購入してプレイしてみてください。





久しぶりに買いました
一度売ったものの今頃になりまたやりたくなりました。いたすとは友達とやるには最高におもしろいと思いますよ。個人的にはキャラなどすくなすぎるきもしますがセフィロス&クラウドがいるのでOK

おもしろい…だが
いただきストリートという
短時間で皆で遊べるゲームに
DQ&FFという誰しもが
好きなキャラや知ってるキャラが
存在してるゲームを
融合させたのは正解。

だが、改善点も少なくない。
まず、人選が微妙。
6以前のFFキャラがいないのは
僕より上の世代にしてみれば
寂しい事この上ないだろうし
DQのスライムやカンダタなんかは
背景の一部としての
扱いでいいと思う。
DQ6やFF9には魅力的なキャラが
個人的に多いと思うのだが
1人ずつなのも減点。

次にキャラのセリフ
セリフを書いた人達は
そのゲームをプレイしたのか?
ってぐらい予想外の性格づけ
例を挙げればDQ5のフローラ。
かなり嫌味な典型的お嬢。
おそらく前情報が金持ちの娘、ぐらいしかなかったのだろう。

他にもキャラ毎に強さが
決められていることや
職業選択できるようにするのがめんどくさかったり…
後者は無駄に使用キャラを
限定するだけだと思う。
そんなやり込み要素じゃなく
キャラを1、5倍ぐらいにして
隠しキャラを増やしたほうが
燃える気がするのだが。

まあ、何はともあれ
ゲーム自体は完成してるし
皆でサクッとプレイできるので
おやつ片手にワイワイ
対戦するのがいいと思います。細かな操作もいらないし。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーコレクション

ファイナルファンタジーコレクション



ファイナルファンタジーコレクション






スーパーファミコンで発売されたスクウェアの大作RPG『ファイナルファンタジーIV』『V』『VI』をプレイステーションに次々と移殖。オープニングやエンディングなどに美麗なムービーが追加され、話題を呼んだ。本作は、その3作品をひとつにまとめた、まさにメモリアルなソフトだ。本作をプレイすることで、のちのシリーズに影響を及ぼした部分をうかがい知ることができる。『IV』から採用された、戦闘をリアルタイムで楽しめるアクティブ・タイムバトル。『V』では、『III』で好評だったジョブシステムをさらに改良し、さまざまなアビリティーの数々が生み出された。また、『VI』では、仲間キャラが増え、プレイヤー自身がパーティーキャラを選択したり、幻獣(召喚獣)や武器を使ってキャラクターのアビリティーをカスタマイズしたりと、新しいバトルシステムも提案した。シリーズを重ねるごとに進化するビジュアル、シナリオや演出部分はいうまでもなく、このほか随所に、これはと思わせるものがある。まだ未経験な方には「ファイナルファンタジー」を知るうえで貴重なソフトといえるだろう。(池村慎一)



よきFF
たまに引っ張り出して遊んでます。
バックに流れる音楽は、今でも色褪せることなく素晴らしいです。
このコレクションは、古きよき時代のFFが詰まっているとおもいます。
他のゲーム機でも色々リメイクが出ているので、是非一度遊んでみてください。

どれも名作ですよね!
今のと比べてみても、この頃のFFは素晴らしい作品ばかりだと思います。
イベントシーンもドットで描かれているほど貧相かもしれませんが話を進めてみると、何度もその物語に引き込まれそうになりました!
それに音楽が作品の世界観と見事に一致していて更にFFの楽しさを引き立てていました。
何よりこのコレクションから沢山の名曲が生まれた事も忘れてはいけませんよね。
個人的に大好きな一本!
…なんですが、 5と6のロード時間が長くかかるのが少し残念な気もします。ゲーム自体はとても良いのですがこれだけが…惜しい!
総合評価として星4つ!ですね。

昔やった人に…
これはSF版を昔やった人が「あ?こんなんだったっけ」と懐かしむためにあると思います(いい意味で)。やっぱり面白いですよ。他のゲームの息抜きに始めたら止まらなくなりました(^^)
ただロードが遅…これはイライラしますね。
あと他に…例:崩壊前に行けない!!バリアントナイフ落とせよ!!(ノ_・。)…って感じ?微妙に中身いじってある(チッ
そんなの差し引いても四つの価値はあると思います。。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き



ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き






本作はPS2で発売された『ファイナルファンタジー』シリーズの最高峰であると断言したい。日本製RPGの強みと弱みは「一本道」に集約されると僕は考えている。「一本道」のストーリーがスルスルと進めばストレスなく遊べるけども、一度つまづくと進行が止まり長時間右往左往することになる。

『ファイナルファンタジーXII』では、ざっくりといえば帝国とレジスタンスを巡る戦いが本流となる。が、例えば強敵にぶつかり、その本流がつまづくことはどうしてもある。しかし、問題はない。サブミッションやモブ討伐、宝探し、アイテム集めがたっぷりと用意されていて、寄り道しているうちにレベルが上がり、気付くとゲームを進ませやすい状況が形作られている。

支流があまりにも多くあるため、本流のストーリーを忘れてしまいそうになるのはご愛敬。本流の重厚なストーリーに疲れたら、軽めのミッションをちょっとこなす。その切り替えのスムーズさと選択肢の多さが、プレイヤーに『ファイナルファンタジー』の世界を隅々まで味わわせてくれるのだ。こんなに手の込んだRPGは、ない。だからこそ、やはり『ファイナルファンタジーXII』を最高峰と断言したいのである。

(柿崎俊道/ゲーム、アニメ業界を中心に活動する編集・ライター。著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』など)



今までのFFの中で戦闘は1番面白かった。
今までのFFとは違う異質な作品でした。たしかに好き嫌いも分かれますね。多くのファンにプレイされるFFとしては問題ありです。難易度も高めで人を選ぶゲームになっています。ストーリーもやや期待はずれです。でもハマれば今までで1番長く遊べるFFです。やり込める要素がいっぱい詰まっているんです。それに戦闘が面白い。これをやったら今までのFFの戦闘には戻れませんね。何度も全滅食らって腹も立てたけど、何だかんだ言って1番やり込んでいます。

これがFFか・・・
今までやったことなかったけど、500円以下で売ってたからかって見た。

うーん・・・確かにストーリーはここの方のいうとおりだね。後、スターウォーズに似てる上にどこかしら某RPGに似てる箇所があった。毎回システム変更とかするRPGのこと。

おまけにオタク狙い・・・最近のゲーム業界はまあこんなんだと知ってるから私はいいけど。

あと、声優が駄目だった。某RPGと比較するとその点が違う。きちんと声優起用してください。特にメインの二人!

FF13がガンダムを元ネタにしてるなら軽蔑しますよ。これだってスターウォーズのネタ使用してるだけに心配。

普通に面白かったのだが…。
…というか、まず、スタッフの方々本当にお疲れ様でしたと言いたい位の

労作です。ホントに。私は11以外は一通りプレイしていますが、

私の中ではFF5と1,2位を争う良作となりました。



良かった点

1.物語世界を流れる空気。

2.モブ討伐をクリアしてゆくことで世界観が少しづつ見えてくること。

3.ガンビット楽ちん…。

4.世界が綺麗だねえ。砂嵐に最初に会ったときはびっくりしたよ。

5.キャラ自体の設定はいい



もう一つな点

1.ストーリーがかなり説明不足

2.キャラの掘り下げ不足

3.各国の歴史、政情、動きがもうちょっと説明あったら…。



主要キャラ誰かに絞ってストーリーを追っていったら、

もっと深みのあるストーリーになったような…。非常に惜しい気がします。

時間的制約でしょうか…。ストーリー分岐によって全キャラカバーとかしたら

歴史的な名作になった気もしますが(発売1年延びそう…。)


posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン UMD VIDEO for PSP

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン UMD VIDEO for PSP



ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン UMD VIDEO for PSP









CGで、この収録時間、クオリティは凄い。
確かに皆さん言うように、7の世界とはまるで違います。しかし、別作品としてみればこれはとてつもなく凄い作品と化します。以前、ファイナルファンタジーと言う映画がありました(CG作品)あれはもの凄くつまらなかった……。あれってアメリカが作ったのかな?…しかし今回はスクエニ。日本の会社だ。日本のCGは映画ではかなりショボイが、ゲームCGは別な話しになる。今回のこの作品のCGは圧巻だ。FF7の名を語ったためにこんなに低い評価を浴びるようになったが、7とは別作品としてみればその評価は格段に上がる。戦闘はもちろん、音楽も素晴らしい。…ただ惜しいのが、収録時間が少ないため、(二時間もありません)ストーリーがなく、戦闘ばかりになってしまった。個人的に三時間は欲しかった。あと、敵キャラ……顔のわりにマザコンだった……(笑)あの顔で母さん母さん連呼されると……爆笑した。
何度も言いますが、7とは別作品として見た方が良いです。かなりの映画作品ですよ。 意外に飽きないですよ。コレ。

まぁ…
映像は確かに凄いです。戦闘シーンも素直に格好よかったです。でもシナリオがちょっと…。7があれだけ大作だったからちょっと残念でした。まぁ思えば7はあの時に完結してたんで後付け感はしょうがない。加えてゲームでないんで内容が説明不足になり希薄になるのもしょうがないですね。今になって7の企画をしているのはおそらく最終段階として7のリメイクがあるからかな?これだけ7リメイクの要望があるんですから無視できないはずです。とりあえずPSPで7リメイクとかはかなりショックなんでそっち方面はなしで頼みます。やるならPS3で。今回の映像見ていっそうその気持ちが高まりました。

傑作です!
まず画像は綺麗でビビリますよ、どのシーンも画面に釘付け!これはスゴイことです。確かにもうハチャメチャバトルですが、逆に爽快で笑うほど楽しいです!なんか知らないキャラがいたのですが、みなさんもやはりそうでしょうか??マニアックすぎる人にどうかと思いますが、単純に繰り返し楽しめます!
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX インターナショナル

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX インターナショナル



アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX インターナショナル









ブリッツボールはなかなかいいねえ
ほかは特別つよい印象は残らない・・。あとは、一本道をひたすら前進プレイだからストーリーをゲーム参加しながら辿っていくのが好きな人向け。
飛空艇で大空を飛べる、着陸できる、という大陸のアウトフィールドが無いのが、冒険心を掻き立てられない。

ブリッツボールはよかった。ある場所で、水の中でやるアクション性の高いスポーツだけど、こればっかりやってた。はじめのうちは操作に慣れるのに面倒だったが、慣れてしまえば他の人間も巻き込んでこればっかりやった。技も使えるようになるし、アイテムももらえる。でかいガラス張りの中で浮いてる感じがいいが、ボールの勢いと無酸素呼吸状態がスバラシイ。

キレイなムービーを見るためだけのゲームであります(;'Д`)ハァハァ
飛空艇で、世界を飛び回る事が出来ない・・・・?!



戦闘が、ムービーを見るための『つなぎ』でしかなく・・・やらされている感が強い。



漠然と宿題をこなすだけの作業感しか残らない。



唯一の長所である(と思われる)ストーリーも・・・



キャラクターのカスタマイズの幅は狭い・・・?!



心に残るやうな・・・演出もないし・・・大して面白くない。



ただ、アーロンさんのキャラだけは良かった。本当にそれだけのゲーム。



敢えて、やる価値があるかは疑問である









召喚獣と戦える
Xのどっちをやるかで考えましたが、私はインターナショナル版買いました。

スフィア版もインターナショナルの方が使いやすい。

(どっちがいいかは好みだけど、どっちもあるので選べる。)



がんばって集めた七曜の武器を活用できるのは召喚獣と戦えるインターナショナル版。

ただ、ティーダの七曜の武器は、攻略本などで紹介されているやり方ではとれなくなっています。

英語か日本語かで迷う人もいるようですが、洋画を字幕で見る人にはインターナショナル版がオススメだと思います。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジー I・II アドバンス

ファイナルファンタジー I・II アドバンス



ファイナルファンタジー I・II アドバンス






「FF」の略称で親しまれ、続編が登場するたびにすべてのプレイヤーに衝撃を与え続けてきた「ファイナルファンタジー」シリーズ。「ドラゴンクエスト」と並ぶ国産ファンタジーRPGの代表作である。その原点である「I」と「II」が1本のカートリッジになりGAMEBOY ADVANCEで登場。
FAMICOM用に発売され、爆発的な人気を得た「ファイナルファンタジー」(1987年)と「ファイナルファンタジーII」(1988年)をGBA用に改良し、新たなオリジナル要素を収録したのが本作だ。回数で制限されていた魔法の使用がMP制になるなどのシステム変更が行われているほか、会話シーンでは顔グラフィックが追加され表情も変化する。
GBA版ならではの新要素として、二つの楽しみが用意されている。ひとつ目は、「I」に追加されたダンジョン「Soul of Chaos」。ある条件を満たすと、4体のカオスが封印された地下何層にもわたる広大な特殊ダンジョンに挑戦できるようになる。ダンジョン内では新たに追加されたアイテムも入手可能だ。もうひとつは、エクストラエピソード「Soul of Rebirth」。「II」に登場して世界を救うために散っていった4人の英雄を操作して、もうひとつの世界を旅することができる。
クリスタルをめぐる時空を超えたストーリーの「I」、個性的なキャラクターと美しくも悲しい人間ドラマを描いた「II」。ふたつのゲームを最新の機能とグラフィックで一度に楽しめる、お得な1本である。(松本秀行)



値段高いなあ・・・PSPのはやめとけ・・・
ライトユーザー向け・・・といったところでしょうか





難しいFF1が好きな僕にとっては 少し不満がつのるばかりですね





でもライトユーザー向けには上手くととのってるのではないでしょうか





FF2 はめんどくさいけど難しいので好きです GBAは・・・・なんか違う





やっぱりライトユーザー向けなんだと 思った





はじめてやる人には良いと思います そこのお子さんプレイしてみなさい  





良くも悪くも昔のRPG
雑魚敵に何度もやられては本体を蹴り飛ばしていた昔を思い出し懐かしくなって購入しました。WS版と比較すると入手アイテムやMP制の導入等の変更が行われています。これはシステム周りの強化と言うところでしょうが、実際は難度を下げる為の措置になっています。



GBA版はオリジナルより温くなったという方が多いですが、携帯機はサクッと遊べるところがウリなのでメーカー側の修正は当然だと思います。昔は難度の高いRPGが乱発されていましたが(といってもFFはかなり低い方だったが)現在では難し過ぎるソフトは直ぐユーザーに飽きられ中古屋行きになり、結果新品の価格が発売数日で暴落してしまうことがままあります。



そういった意味では昔の空気を大切にしつつ、今の進んだシステムを最大限搭載した今作はリメイクの手本と言えるのではないでしょうか。派手さは無いが携帯機用RPGとしての名作と思います。

リメイク完成度ではまさしく集大成!!
WS版、PS版とリメイクされ、後にPSP版でも発売されますが、やはりアドバンスがまさしくリメイクの集大成なのではないかと思います。

FF1では魔法を回数式から消費MP式に変えてより戦術もアップしましたし、FF2ではメンバーを強化する際ステータスダウンがなくなりましたのでより効率的に進みやすくなったのではないかと思いますね。またGBA版しかない要素も搭載されておりますので、評価としては文句なしの5つです。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX-2 インターナショナル+ラストミッション

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX-2 インターナショナル+ラストミッション



アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX-2 インターナショナル+ラストミッション









ストーリーはともかく・・・
やりこんでいくと面白いです。

ストーリーに飽きても、クリーチャークリエイトで楽しめる。

何回か、強くてニューゲームを繰り返せば100%クリアもできるし。



ドレススフィアも種類豊富で集めるの楽しい。

sweetboxの歌も感動的。



無茶苦茶にけなされてたゲームですが、そんなに悪くありません。

10が陰だとすれば10-2は陽。

ただ、10より映像が荒い所も少々あるのが残念。



インターナショナル版にしたのは、10をインター版でやったからです。



おまけでついてるラストミッションは少しだけやりましたが、

マスゲームで、私には少し難しかったです。



やり込み
個人的な事ですがこれを初めてプレイするかたは「クリクリ」の機能には触れずにストーリーを楽しんで下さい。最初から魔物をつかってストーリーを進めたりすると良さが半減してしまうと思うので。

1週クリアしたのであればパーセンテージを増やしつつ「クリクリ」をやり込んで自分だけの最強軍団を作って下さい(笑)
ラストミッションはたかが付録かと思えば大規模なアナザーストーリー。こちらも要チェック!

この価格なら買うべき
この作品はFF10を大好きでたまらない人にはお勧めできません。

ですが、普通にFF10が面白かったというかたにはお勧めです。



内容はなんだかはっちゃけてます。

これだけの技術をこんなことに!とか、

無駄にハイテンションでアホらしい。

といった印象をもちます。



そういうアホらしいものが好きな方、

あるいは、ジョブシステムがなんとなく好きな方

そういう方は買って損はないと思います。



私は好きです。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ブルードラゴン(特典無し)

ブルードラゴン(特典無し)



ブルードラゴン(特典無し)









普通
極めてオーソドックスな和製RPG。

むやみに調べられる場所が多く、調べるのが進行の足枷にしかなっていないのと

高い角度からの見下ろし画面の為に視界が狭く、また回転以外の視点変更もできないのでフィールドでは前方を見渡せないのが難点だが

その2点以外はストレス無く遊べる。

グラフィックも綺麗だし、全体的に非常に丁寧なつくりに好感が持てる。



・・・でも普通すぎ。地味すぎ。システムもシナリオも個性皆無で

ひたすらお使いが続きモチベーションが全く沸いてこない。

そのうち世界観にはまり込んでいけば面白くなるだろうと10数時間プレイしたけど

既に戦闘が「めんどくさい」と感じている自分に気づき挫折。

コアゲーマーは素直にOBLIVIONを待ちましょう。

あまりゲームをしないのですが
見覚えのある雰囲気の、青いドラゴンの絵と少年の姿にひかれて、
ついつい、衝動買いをしてしまいました。笑

はじめのうちは、お子さま向けかなぁ、なんて思いながらもケースを開けていざプレイ!
ぅわっ!と、
おもわず、目が、点に、
これは、あの「ドラゴン○ール」をつくった人の絵だったのですね!
思わず興奮。女でありながら大好きなアニメのひとつでしたので。それと、むかしのスーパーファミコンでクロノトリガーを人並みにクリアできた思い出がよみがえってきました!
やや子供向けのように感じたり、調べること面倒な感じがあったりしますが、
音楽もすばらしく、美麗で緻密に描かれた世界にそんなことも忘れてしまい、
楽しいほうが比重としてかなり大きいです。
買って損はなかったです!

テレビ東京、朝9時からのアニメも録画してまーす。
かなりいい感じ。
総評として星5個です。

迷いやすい
戦闘も楽しく、ボスとの戦闘時の音楽もかっこいいです。

キャラデザが子供向けっぽく思えるのは、

アニメなどの展開も考えていたからなのでしょうか。



気になったのは、調べられる物が多すぎと言うことです。

それもゲームの一つの魅力にはなっていますが、

新しい街、新しいダンジョンにいって、

調べられる物がないかボタン連打しながら歩くと言うことも多くあります。

街もダンジョンも広いので、一苦労です。



また、ダンジョンの構造が迷いやすい様に思えました。

戦闘後に今までの方向が分からなくなったりとか。



ただ、Xbox360で出してくれたと言うことに大きな意味があると思います。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX



アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX









心に残るゲーム
FFで私が初めてプレイしたゲームが10でした。

登場人物の1人ひとりになんらかのトラウマや

ゲームなのにストーリーにもドラマ性があって

プレイしている最中に泣けてくる場面もたびたびありました。

キャラクターの個性も十分に出ており、話を進めていくうちに

愛着が湧いてき方も多いはず・・・。

私的には時間をかけてゆっくりと話を進めて欲しいですね

そこら辺の映画よりもよっぽどよく出来ている
召喚士と彼女を守る6人のガードが「シン」を倒すべく各地の寺院を巡り召喚獣を入手する話。「シン」がもたらす死の連鎖、宗教の盲信、民族間の差別、父子の確執、これらの要素から織り成されるストーリーも素晴らしいが、最も感銘を受けたのは物語の核となる召喚獣の、概念の斬新さ(主人公の謎にも直結)。まさしくFFの金字塔。バトルは初心者向けの親切設計。装備品は自分好みに改良可。キャラの成長は従来のレベルアップ制を廃止。敵を倒して貯めたポイント数を元に、スゴロクの要領で「魔力+2」等のマス目を埋めていく感じ。手当たり次第に埋めるのではなく、時にはマス目をとばし、各キャラに個性を!

水の表現が凄く綺麗。
FFは8と10のみやったユーザーの感想です。



10はずっと興味があったものの、価格が高いのと勇気が出ないという理由でずっとやらずにいたのですが、廉価版の発売を期に、やってみました。



まず、画面の美しさにうっとりしました。

水を扱うムービーが凄く多いのですが、動きがとても綺麗です。自分でキャラを動かす画面での背景も凄く綺麗。

モンスターを倒した後に出てくるふわ?っとした光も綺麗です。



切ないストーリーと音楽、個性的なキャラクター、人気声優の起用と、FF初心者にもしっかり楽しめました。

セーブすれば自動的に体力が回復しているのも有り難い。



キャラクターは戦闘に出してあげれば、少しずつ強化出来ます。

魔法がしっかり使えるキャラに育てよう!とか、攻撃力が高いキャラに育てよう!とか、自分の好きなようにキャラを育てられるのも面白い。

私はお気に入りキャラだけが異常に強くなっているという事に後で気付き、「ああ、自分こんなにこの世界にハマってるんだ」と気付かされたりしました。



アイテムの整理がちょっと面倒だったり(武器の整理がめんどくさい)、ちょっと何とかなりませんか、という点がありましたが、面白さは☆5つ。



攻略本は色々と出ていて何を買って良いのか分からなかったので、私は攻略サイトさんの情報を頼りにED見ました。



一度クリアしてもまたやってみたくなる、そんなゲームだと思います。

10-2はちょっと不評なので購入は出来ていませんが、キャラクターは凄く好きです。

このゲームに出会えて良かったです。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

FINAL FANTASY XI はじめてのファイナルファンタジーXI

FINAL FANTASY XI はじめてのファイナルファンタジーXI



FINAL FANTASY XI はじめてのファイナルファンタジーXI









興味がある人にはいいと思う
他の拡張ソフトなしでこれのみでプレイした場合、レベル24くらいまではそんなに問題なく上げることができると思います。

ではそこから先はどうなるのかというと、レベル25?34くらいまではジラートの幻影という拡張ソフトでいけるエリアでの狩が基本で、その後もジラートエリアに行く頻度は多く、

このソフトだけでレベルを上げようとするのはかなり大変です。(Lv60くらいまで上げることはできますが現実的ではありません)



ただし最初の1ヶ月は無料でできるので、FFが自分にあうかどうか、レベル20くらいまでやってみて考えて見るのが良いと思います。

今更初期エリアだけというのも・・・
現状のFFXIにおいて、レベル上げにしてもクエストをするに「ジラートの幻影」拡張エリアを利用するケースが非常に多くなっています。Lv20前後ならまだ初期エリアだけでも問題ないですが、それより上となるとそれだけでは厳しいでしょう。Lv20などやろうと思えば数日で到達してしまうレベルなので、お試し期間内はおろか、数日でたちまち詰って苦労する羽目になります。

結論から言ってしまうと「ジラートの幻影」もセットにして販売すべきだったのではないでしょうか。「はじめて」とあるのだから初心者でもある程度進められる環境にするべきです。ただし「プロマシアの呪縛」「アトルガンの秘宝」はどちらかと言えば中レベル?高レベルコンテンツが多いので別売りでも問題ないと思います。

もし私が人にこれを勧められるかと聞かれたら、微妙としか答えられません。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング スカイパイレーツエディション

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング スカイパイレーツエディション



ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング スカイパイレーツエディション









ファンにはたまらない商品
まず、大前提としてNintendoDSを持っている人にとっては微妙な商品です。

持っていない人にとっては抱き合わせ商品かもしれません。



しかし、ファンにとってはたまらない商品でしょう。

だから、星は5つです。

だって、ファンしかターゲットにしてないでしょうから。

しかし、クリスタルエディションを買った人のことは考えてほしかったです。

二台はいらないですし・・・



ちなみに、ファン以外の人にとっては星一つでしょう。

いい加減やめろ
スクエニはFF3のクリスタルエディションで抱き売り(DS)の味を知ったようですね。

こんな事ばかり続けるスクエニも、品薄が続く中で許可する任天堂もどうかしてます。

ソフト自体は購入予定ですが、このような商法はいい加減止めて欲しいので☆1で。

ひとつの作品として
まだ発売されていないのでわかりませんが、今のところいい感じだと思います。

昔のFF・最近のFF、それぞれ良い所があって、人の好みもそれぞれなので

これから買おうという人は、そういった意見に縛られずに

純粋な素直な気持ちで判断してください。

自分はどのFFも好き(一番すきなのは12)なので、続編である今作に期待してます。

タッチペンを使ったDSならではのシステムもいいと思います。

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング、楽しみです。




posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク(PlayStation 2版)

ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク(PlayStation 2版)



ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク(PlayStation 2版)









FF11
FF11を今の段階で総合評価するならば、色々な意味でやらないほうがいいかと思います。



時間を取りすぎること。(基本的にほとんどがレベル上げに人数を6名ほど揃えて行くので最低でも一回ゲームをしようと思ったら3時間くらいは必要かと)

サービス開始5年目だということで、コミュニティの輪も固まっており成熟期にあること。

日本人の割合がどんどん少なくなり(実数的にも相対的にも)平日ならば夜間でないと海外の方との意思疎通に自信がなければ思うように遊べないこと。

結局新しいダンジョン(遊び場?)が用意されても、装備回収が最終目的になりそのために何度も通わねばならないこと。



他にもあるかもしれませんが、思いついたのは上記です。



ただ、この追加ディスクに関しては、以前に出された追加ディスクよりも面白いと思います。

ミッションのストーリーだけでも楽しめると思います。



なので、初めてFF11をされる方にではなく、以前やっており復帰の可能性がある方や、今やっているけれども買われていない方にはよろしいかと思います。

緩和作業や、不正取り締まりも強化されていますしね。

今からやってみようかなと思ってる方へ
発売日からプレイしていますが

MMOはサービススタートから時間が経つにつれ新規参入者にとって敷居が高くなって

いくものだと思います

このゲームも例外にもれず、最近のバージョンアップはすべて上級者向けたもので、

最新の拡張ディスクであるアトルガンの秘宝もまたある程度やり込んでいる人向けの

要素ばかりです

ですのでたとえMMOの醍醐味の一つであるコミュニティに参加できたとしても

話題についていけない可能性が高いです。

そうでなくても既に日本人の新規参入者は少なく、低レベルでパーティを組む相手は

ほとんど外国人の方になると思いますので

・外国人の方と英語でチャットすることに抵抗を感じない

・ある程度のまとまった時間が確保でき先行者に追いつけるくらいのやりこみができる

・自分でネットを使って調べ仲間を集められる積極的な人

今の時点で新たにはじるようとするなら最低限この条件にあてはまらないと厳しいかもしれません

それでも国産MMORPG最高峰
前作「プロマシアの呪縛」のあまりの難しさに投げ出し、約2年ほどFFXIはプレイしておらずに、他のオンラインゲームをいくつか遊びましたが、そのどれもが薄っぺらい世界感であり、ちょっとしたクエストにも奥深いストーリーがある、FFXIの足元にも及ばないものばかりでした。



妙に懐かしくなって復帰を決断。巷では評判の良い「アトルガンの秘宝」の導入をし、久しぶりにヴァナディールの世界へ降り立ちました。アトルガンエリアにも簡単に行く事が出来、ミッションも物語重視の為、戦闘があまり発生しません。そのため行くだけなら低レベルでも可能です(戦闘は無理ですが)

新ジョブ3つ「コルセア」「青魔道士」「からくり士」も敵と戦う必要がないので間単にゲット。青魔とからくりはパーティを組まなくても一人で十分強いらしいので、毎日1.2時間のサラリーマンプレーヤーの私にはうれしいジョブです。



なによりも一番気に入ったのがビシージという大人数バトルです。偶発的に町へ進軍してきた獣人軍団を、プレイヤー700人(最大)で迎え撃つのです。敵味方入り乱れての大乱戦は、いままでのFFXIでは味わえなかった戦闘です。パーティ組まずに一人でも十分に立ち回れますし、経験値も入ります。お店がなくなってたり、街の住人が捕虜になったりと、リアルで被害が実感できて良いです。



一時は引退も考えたFFXIですが、復帰して良かったと思います。クエスト&ミッションのストーリが感動的だったり、笑えたりと面白いので、アトルガンの導入は大正解でした。ビシージは本当にオススメです。全体的に難易度が低めなのが良いですね。プロマシアとは大違いです。一日1.2時間ですが、これからもマッタリ続けて行こうかと思っています。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク Windows版

ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク Windows版



ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝 拡張データディスク Windows版






発売以来、多くのユーザーに支持されている超有名MMORPG「ファイナルファンタジーXI」に待望の新ステージが登場。今回登場するのは「アルトガン皇国」。「人民街区」「辺民街区」「皇民街区」の3街区が用意されている堅固な城塞都市「皇都アルザビ」や「アラパゴ暗礁域」といった舞台が美しい3Dグラフィックで表現されている。
また、新たな敵として「ラミア」「チゴー」「マーリド」「クトゥルブ」などの獣人や生物が、新たなジョブには、邪悪な魔法を使う「青魔道士」や海賊の末裔「コルセア」が登場。ますます魅力的になり、ファイナルファンタジー初心者はもちろん、発売当初からプレイしているユーザーも飽きさせない。
なお、拡張データディスクでは新しいフィールドや敵などを追加することが可能だが、ゲーム本体を持っていないと使用できないので要注意。これから始める人は『『プレイオンライン/ ファイナルファンタジーXI』 オールインワンパック2006 (Windows版)』を買うのがオススメ。(三井貴美子)



費やす時間は無限大('Д`)
最近になって退会しました。私も下記にあったような

「やりすぎて引き返せなくなった人」でした。もう飽きたけど

せっかく育てたキャラクターを消すのが忍びなくて、ダラダラと続けていました。



?購入を考えている人へ?



今から新規ではじめる方は少ないです。既存のプレイヤーとの格差は避けられません。

良い装備を集めようとすれば凄まじい時間がかかります。

またLV75にしないと何もできません。私はそこに行きつく準備期間に1年かかりました。

3時間以上のまとまった時間が取れないと特定のジョブ以外での

LV上げは厳しいです。マニュアル化された戦術はもう作業です。

ミッション、クエストその他もろもろ....とにかく時間がかかります。

純粋にストーリーを楽しみたい!!って方もいますが、

クリア後のアイテム、新エリアでLV上げができるようにという目的だけに

進めている方も多いと思います。

「やりこみ要素がありそうだな!!」とかそんな甘いモノではないですよ。

以上の事を考えた上で購入した方がいいです^^



今思うとなんであんなヤケになってLV上げしてたんだろう....

って思います。時間に余裕ができたし.....引退してよかった。





















時間と生活、人生を壊します。
まず、時間の無い人、ゴールデンタイムにログイン出来ない人はオススメしません。

1日4時間以上は必要とするゲームです。



当方2キャラ(一応高Lvでしたが)育て、3度復帰しましたが、私は仕事上不規則なので時間が無く、ゴールデンタイムになかなかログイン出来なくミッション等かなりキツかったので、引退しました。

せっかくアトルガンの拡張ディスクを買ったにもかかわらず、無駄に終わりました。

ミッション、クエスト、Lv上げの毎日。それだけでも莫大な時間を費やします。

「またクエストかよ・・・」ってな感じで私は冷めました。

Lv差3以内のパーティを組まないと、経験値が入りにくいのも、嫌なゲームですね。

意外と気づかないと思いますが、移動するのにも結構時間がかかっています。

特にこれから始める方(私みたいに3度も復帰した人など)には、前から続けてやっている人とのギャップがありすぎてついていけないと思います。

今は、昔と違ってチャットも閑散としています。

また、外国人の方と経験値稼ぎすることも多々ありますが、細かいことを説明する時などは、定型文では足りません。結局黙り込んでしまいます。



やっとFF11からの束縛から開放され、今私は他のオンラインゲームをやって満足しています。

高レベル向けですね
新しいエリアと敵を期待して買いましたが、LV60以上でないと遊べない様な感じを受けました。



私の場合、アトルガンサービスが始まってからしばらくたってから入れたのですが「出遅れ」感があり、

旧エリアで遊んでいます。新ジョブはあまり魅力でなかったのもあって、あまり満足できていません。



一緒のペースで遊べる人がいる人は、買いだと思いますが、そうでない人は友達次第かな?と思います。




posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーV アドバンス

ファイナルファンタジーV アドバンス



ファイナルファンタジーV アドバンス






こいつは夢なのか。ファミコン世代の青春の1ページだった『ファイナルファンタジーV』が掌の上で遊べるなんて。ドラマチックなストーリー、圧倒的なビジュアル演出、そして自分なりの遊び方を追求できるジョブチェンジシステム。1992年の時点で、最高峰と呼ばれた練りに練られたシステムがいまここにアレンジされてよみがえった。

プレイしていて楽しいのは、キャラクターが演じる豊かなドラマだ。敵ながら憎めない、コミカルなセリフとバトルを繰り返す、ギルガメッシュ。命をかけて使命をまっとうするガラフ。男として生きている海賊のファリス。どのキャラクターも特徴があっていとおしい。

今回のアドバンス版は移動中にダッシュができたり、いつでもどこでもセーブができる「ちゅうだん」が追加されたりと、グンとテンポよく飽きさせないつくりになっている。ゲームソフトは、ゲーム機の代替わりとともに失われていくもの。今回のようなかたちでリメイクされることはまさに大歓迎。今まで遊んだことのなかった人にも胸を張って進められる一本である。

(志田英邦 / ゲームライター・インタビュアー。インタビュー集『ゲームマエストロ』などを執筆)



どうしよう
この5はプレステ版をプレイ済で、あのめっちゃはまった素晴らしいゲームを携帯ゲーム機でやりたくなりました(追加要素にもつられて)

しかし、今買っていいのか迷っています。というのはたまたまスクウェア・エニックスの公式HPの、PSP版FF・FF2のサイトを見ていたら今年はFF生誕20周年記念”第一弾”と書いてあり、もしやこの先第2弾・第3弾とかいってFF3?FF6までPSPでリメイクして出すんじゃないかという疑問、どうせやるなら綺麗になったPSP版やりたいし。

FF3(DS版)、FF5.FF6アドバンス版と去年出たばっかりなのに。いや最近のこの会社の移植・リメイク作品乱発をみていると十分ありうるから悩む。どっかの雑誌でこの会社の社長が2007年はリメイク作品を核にする戦略と言っていたし・・・

やはり最高でした
 スーファミ版でベタ惚れし、今でも個人的に最高傑作と思っているゲームがファイナルファンタジーVです。それが再びできるとあって即プレイしました。

 いかにボスを楽に倒せるかを考える戦略性や、宝箱回収パーフェクト(これが難しい!)を狙ってみたり、様々なヤリコミを許容できる懐の深さがこのゲームの魅力だと思います。序盤から終盤まで大変楽しめました。 ただ追加要素(隠しダンジョン、追加ジョブ)と、会話に出てくる顔グラフィックは個人的には余計でしたが・・・

 今となっては古くささを感じる音楽やグラフィックですが、それでも楽しいものは楽しい。やっぱりゲームはハード性能じゃないんだなと改めて感じさせてくれました。おすすめです。





すごい力作ですよ
正直初めてこのゲームやったとき うーんよくわかんねえな と 思っていましたが





とりあえず全てのジョブをマスターしてみることにしてみました





すると・・・よくわかります このゲームのよさが 





そう・・・このゲームはどうやって簡単にボスを倒せるかというゲームなのです





たとえば 強いボスに負けるとします だけどよく考えて アビリティーのよさを判断して





決めて 強いボスに勝つ というサイクルがおもしろいゲームでしょう 




posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVII インターナショナル

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVII インターナショナル



アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVII インターナショナル









ファイナルしたファイナルファンタジー7!
これまでにファミコン、スーパーファミコンとハードを変え、プレイステーション版として第一弾に投入されたFFがこれ。
キャラの頭身も変わり、背景グラフィックも緻密になった。
CGムービーによるイベントもところどころに挿入され、表現方法も更にパワーアップ。後々まで影響を及ぼす。
また、プレイヤー次第で個性的なキャラが育てられるようになったアビリティシステム。それがマテリアだ。10のスフィアと似ているが、使い勝手は個人による。

そこで、ファイナルファンタジーの8、9、10、12の映像以下は駄目とか最近のビジュアルしか受け付けない人には厳しいかもしれない。覚悟が必要。ほんとに見た目は粗いかもしれないからだ。

が、しかし、RPGとしての完成度、プレイヤーを引き付ける力は現タイトルものとなんら遜色ない。
少し辛口で言えば、この頃までが絶賛され多くの人から愛された
ファイナルファンタジーだと
断言できる。


個人的にもこの頃からFFというタイトルに線を引いてしまい、ファイナルした。

いまさら実機でやる必要は…
再購入してPSPに落としてやり直してます。好評価が多いみたいですので私は辛口に行きますまず、ダンジョンがいたずらに広すぎる上に細か過ぎて何処が歩けるか歩けないのかイライラしているときに敵に会ってしまう為、非常にストレスがたまる。その割にセーブポイントが少な過ぎるのがキツイ。最近のFFにも言える事だけど全体的に展開がダラダラしていてテンポが悪いし何処へ行けばいいのかすぐに解らなくなる。不必要なミニゲームが多過ぎるのも良くない。さらに言えばマテリアのランクアップに必要なAPが多過ぎて厳しいいろいろ書きましたが、ストーリーは良いし、グラフィックも当時の最高峰って事で、とても十年前の作品には見えません。イベントもキャラが活きていて含蓄あるセリフが多くてすばらしいです。ゲームバランスやマップを調整したリメイク版が早く出てほしいデスネ

FFの最高傑作
発売当時小学生だった自分がPSをクリスマスプレゼントに買ってもらうと決めたのは

このソフトがあったから。今から見れば映像も音楽も全然たいしたことがないのかもしれないが

当時の衝撃は凄かった。ストーリーに矛盾点というか微妙なところはあるけど

今まで遊んだRPGの中で一番熱中し楽しかったのはこの作品。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(PlayStation 2版)

プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(PlayStation 2版)



プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(PlayStation 2版)









初めて4年・・・
未だプレイし続ける面白さがある。



エンディングを求めてプレイしたことはありません。



時が経つにつれてバージョンアップし改善されて遊びやすくなる。



フレンドとの別れはリアルに涙がでる。



私はコミュニケーションをとるのが下手なほうなので、進んで外国人とパーティ組んでやります。



これから始める方、ヴァナ・ディールの住人(オンライン上の皆さん)はみんな親切に教えてくれると思います。分からないことがあればシャウトしてください。



何年かかろうが終わるまでやりたいと思います。



紙芝居的なRPGに飽きた方におすすめ
 まず言えることは、一人で遊ぶゲームでは無いです。ですので、コミュニケーションが取るのが苦手という方にはキツイかもしれません。ただ、遊ぶならば思い切って俳優・女優になってみるのも手です!本来、RPGとはそういった意味合いですし、ありのままの自分無くても十分楽しめますよ。

 それから、ミッションやクエストなどは人の協力や募集などに参加してクリアしていかないと行けないところが多々あります。同じミッションでも組む相手によって状況や戦略、時にはシリアスに、あるときは爆笑の渦になることもあります。オフラインゲームでは味わえない、絶対に同じ結果にならない面白さがありますし、プレイヤーのスキルが上がるという点も楽しいですね。

 あとは長く遊ぶゲームなので1ヶ月とか半年とかで!と考えてる人には向かないと思います。長時間がいきなり必要な感じもありますが、仲間がいたりすれば一日1?2時間だけでも十分に遊べると思います。

一人ではちょっと・・・
僕は今までのFFはほとんどやってきました。が、最初買うときまわりの人からの意見では今までのFFに比べて面白くないとかいう意見が多かったが買ってやってみると、おもしろかったです。うわさとは違いました 笑

んで、ゲームの内容はとりあえずやっていると、あっという間に時間が過ぎ、やる事すべてにすっごく時間がかかりますので、時間がたっぷりある方だけにお勧めします。そして、途中までは自分一人でミッションやクエストができますが・・・後半ぐらいからは自分一人の力では絶対にできません 笑 ですので、今までのFFのように自分一人ですべてをクリアしたいという考えの人にはお勧めできません。

そして最後に、このゲームは1度やり始めたらなかなか止まらなく気が付いたら、もう5時間もたったっけ?みたいなことも・・ 笑 ので、くれぐれも現実世界の方の時間を大切にしてくださいね。あくまで、ゲームの方の世界は遊びの世界なので 笑

でも、このゲームは本当に楽しいですよ、いろんな人との出会いもありますし、このようなFFもありでは? 笑
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーIII

ファイナルファンタジーIII



ファイナルファンタジーIII






人気シリーズ『ファイナルファンタジーIII』のリメイク版。原作は1989年に発売されたファミコン版。本作ではグラフィックを2Dから3Dに描き直し、ストーリーや職業の入れ替えシステムなど、より遊びやすく作り直されている。また、ニンテンドーDSらしくWi-Fi通信にも対応。「友達コード」と呼ばれるIDを交換をして、ユーザー同士で手紙のやり取りができる。自分の入っているSNSなどを利用すれば、より広範のユーザーとコミュニケーションができるだろう。やり取りの回数でイベントも発生するという。RPGのプレイ時間がゲームクリアまでの時間との考えは終わったのだな、とつくづく思う。

『ファイナルファンタジーIII』はどこでも遊べるニンテンドーDSとRPGの相性が抜群であるという証明だ。クリアまで長い時間をかけなくてはいけないRPGは、忙しい人には不向きなジャンル。だが、そうはいっても遊びたい人はたくさんいる。携帯型ゲーム機ならばちょっとした時間にゲームを進めることができる。しかも『ファイナルファンタジーIII』のように、本格的なゲーム内容であるなら、満足度はかなり高い。

ただ、本作が惜しいのはダンジョン探索中や街中、戦闘中の中断機能がないこと。DS本体のスリープ機能を使えば一事中断はできるが、せっかく進めたRPGなんだから安心できるセーブをしっかりとしたいところ。今後、FFシリーズは続々とリメイク、そして新作がDSで登場するだろう。遊びやすさをさらに追求していただきたい。

(柿崎俊道/ゲーム、アニメ業界を中心に活動する編集・ライター。著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』など)



ちゃんとFF3ですよコレ。
辛口な評価が目立つこの移植作。

僕は懐かしくプレイできました。と言ってもまだ浮遊大陸も脱出していないのですがw



リメイクに伴って主人公キャラに人格を持たせたのは賛否ありますが、とりあえず名前だけは任意に付けられるので良しとします。キャラ可愛いですしね。

ストーリー性の無さを非難してる方もおられますが、こんなもんです。

ストーリーよりも、自分が冒険してる感覚を楽しんでください。

タッチペンで移動したり、話したい対象や宝箱にタッチするだけで自動的に行ってくれるのが気に入ってます。

あと足元をタッチするとグルグル回ってレベル上げがラクですw



難易度は随分と低くなったような気がします。

敵は多くて3体までしか出現しません。(FCは8匹とか普通に出る)

ボス戦が難しいと思ってる方は、レベルをひとつかふたつ上げて挑戦してみてください。驚くほどあっさり倒せますから。



ダンジョン内セーブポイントは無しというのもオリジナルに沿った配慮で嬉しいです。

クリスタルタワーはキツいでしょうけど、それもまた本作の醍醐味かと。



グラフィックに関してはPSの7・8・9並に表現できてると思います。

特にオープニング、DSでこんな綺麗な映像が見れるなんて…と、起動のたびについ見入ってしまいます。



難をいえば、隠し要素にWIFI必須というのが不親切でしょうか。(皆さん挙げられてますね;)

ウチは幸いにも環境整ってますが、夫婦で一本ずつソフト持って手紙交換してます。

今は割りと多くのゲーム店にDSステーションがありますので、そちらで手紙交換してはいかがでしょう?ネットの掲示板で友達募集してるのもありますし。



どのRPGを購入するか迷っているならオススメですよ。

うーん、、、ガマン、ガマン
ゲームバランスは良いとは言えませんが、可愛らしいグラフィックが好きです。こまめにセーブしないと直ぐ全滅してゲームオーバーになるので、かなり忍耐が必要です。昔のゲームは「我慢と根気」が必要だったんだなと思い出す、懐かしい感じのゲームです。

立派立派なスクエア切手の近年の秀作ここにあり?
スクエニ…、そう、FFの会社だ(DQも)。この会社の駄作、暴落ぶりは見てられないが、この作品は、普段RPGをしない私にとってもかなりよく、受け入れやすく、秀作です。

いいゲームにそれ以下の点数は申し訳ないですし。ほぼ初RPGといったところですが、苦もなく快適にできるので、よかったです。ロードは気になる時と気にならない時があったんですが、ないほうがいいです。そうさかんは、DSはもともと操作が快適にできるものじゃないし、まぁこれでもいいでしょう。一部、コスプレを思わせる場面とかあり一気にやる気を失ったり、単調なバトルや「やっぱり、向かないね」と思うこともあったけど、上々の出来で安心感は少なからずありましたし、ボリュームがいい感じでした。グラフィックもスクエニはここは一番すごい点でした。(ロードも結構あるので注意かな?)FF好きの人には、お勧めします。これから出るDS、Wiiのスクエニ作品はどれも落胆しちゃったけど、これは上出来。思い返してやってみてもいいと思う。RPG好きは、やってみてはどうでしょうか?



RPG(=スクエニ)といえば、近づきにくいし、面白くないですけど、この作品は、別。黄金期のスクエニに違い感じですね^^

このDRCT,PRDは、使えるね。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(Xbox 360版)

プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(Xbox 360版)



プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006(Xbox 360版)









FF11の壁
私的にFF11は満点でしょう。ですが、このゲームはかなりの時間を要するゲームです。ましてや、プレイする環境が揃ってない人なら面倒なこと間違いなし。プレイするにあたっても気をつけておくべき事はいくつもあります。コミュニケーション・マナーに関して。それと嫌なPCに会った時いかに平常心でいられるか…。この世界はマイペースがとても大切です。それが出来れば沢山の事に価値を見いだせると思います。VUなどで変わった今、新規・復帰プレイするのもいいと思います。ただ、他のPCとの差は目に見えて…ということを重々承知の上でプレイしてもらいたい。 (外人とはサーバーを別にして欲しかったということで?★1個)

要点のみ
ハイスペックPCを持っていない。

XBOX360を持っている、または買う予定である。

ハイビジョンテレビを持っている、またはPCモニタにXBOX360を繋いでいる。

PS2でFF11をプレイしていたけれどPS2本体が故障しかけている。



等々、そんな方にオススメです。



以下、注意点です。



快適なプレイをするならUSB対応のキーボードが必要かと思います。

HDDにデーターをインストールする必要があるので、

コアシステムのXBOX360ではプレイできません。(HDDの増設が必要です)

HDDへのインストール、追加データのダウンロードなどプレイ開始まで3時間くらいかかります。

FF11をプレイするだけならXBOXLiveゴールドメンバーシップ(有料)は必要ありません。

XBOX360版、PS2版、PC版、共に同じサーバーでのプレイになります。

(サーバー選択は自動です、任意のサーバーに繋ぎたい場合はワールドパスの発行が必要です)

やっと始めました!
プレステ2では ハードディスクを買う予算がアホらしかったので やらなかったのですが
Xboxを購入したので始めてみました!
他の人も書いてある通り
敷居が高くて恐かったのですが
今から始める人は
納得済みだと思いますW
まず最初に
インストールに1時間
バージョンアップに2時間かかります!
そして追加分でも
また時間が必要です
まぁ せっかくですから
ゆったりとした気持ちで始めましょうよ!
すごく 景色が良くて どっぷりとハマりますよ!
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

プレイオンライン/ ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006 Windows版

プレイオンライン/ ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006 Windows版



プレイオンライン/ ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006 Windows版






発売以来、多くのユーザーに支持されている超有名MMORPG「ファイナルファンタジーXI」に待望の新ステージが登場。今回登場するのは「アルトガン皇国」。「人民街区」「辺民街区」「皇民街区」の3街区が用意されている堅固な城塞都市「皇都アルザビ」や「アラパゴ暗礁域」といった舞台が美しい3Dグラフィックで表現されている。
また、新たな敵として「ラミア」「チゴー」「マーリド」「クトゥルブ」などの獣人や生物が、新たなジョブには、邪悪な魔法を使う「青魔道士」や海賊の末裔「コルセア」が登場。ますます魅力的になり、ファイナルファンタジー初心者はもちろん、発売当初からプレイしているユーザーも飽きさせない。
なお、本製品は「ファイナルファンタジーXI」と拡張データ「アトルガンの秘宝」「プロマシアの呪縛」「ジラートの幻影」を同梱したオールインワンパック。(三井貴美子)



良くも悪くもMMO
対人ストレスが半端ではないです。

もちろん全てのコンテンツにおいて、そうというわけではありませんが。

対人ストレスとは無縁な職に就いている身としてはかなり辛いモノがありました。

ストレスを感じないようなプレイももちろん可能ですが、人によっては少々味気のないものになるかもしれません。

私はストレスを感じるようになるまでに楽しめたので☆3とします。

楽しいですよー。
スクウェアエニックスの手がけるタイトルという事もあり、世界観は丁寧に作りこまれています。

サービス開始からも十分に時間が立っており、ゲームの操作性等たくさんの点で改善が行われ、

現在では快適にプレー出来ると思います。

先行有利とのレビューもありましたが、そんなのは当たり前過ぎて批判する気も起きませんし、

RMT問題についても、とてもとてもヘビーなユーザー以外には、まったくといっていいほど影響ありません。

いずれの批判についても、ヘビーユーザーの愚痴がてら書かれた物ではないかと疑ってしまうほどの事です^^;

外国人の方も多いですが、システム的に簡易的な翻訳機能がついてますので、ゲームをプレーする上でほぼ問題ないと思いますし、

そもそも日本人の方のほうが多いので苦手なのであれば外国人の方を避けてプレーする事も十分可能でしょう。



ゲームが好きな方、シュミレーションやRPGが好きな方であれば、はまる可能性は高いです。

その場合、他のタイトルにお金をつぎ込むよりは経済的には楽になるでしょう(苦笑

しかしながら、確かに膨大な時間を必要とします。

というよりも、はまりすぎて自ら膨大な時間をつぎ込んでしまう可能性があります。

その点においては、注意をしておくべきでしょう。



引退と復活を経験し、合計で2年半程プレーした上での20代社会人の感想です。

グラフィック、サウンドは秀逸だが、操作性、システム面は×。
私は発売当初より始めた者です。正直な感想を言いますと、音楽は最高です。そしてご使用になるパソコンが高性能であるならば、綺麗なグラフィックが楽しめます。



ですが他の様々な面において新規ユーザーには過酷すぎます。なにせ2002年5月16日にサービス開始ですから、当時より始められた方々に追いつくのは相当やりこまないと不可能ですし、レベルを上げないと何もできないシステムに苦しまされることになります。また好きなジョブを上げるにしても、多くの人はレベルを上げきっていることや、言語の違い等から来る慢性的な人不足からレベルを上げづらい環境にありますし、優遇ジョブ以外はストーリーを追うことすら難しいかもしれません。個人的には黄金期は発売日からの二年間だったように思います。



もし今からプレイされるおつもりなら、現在開発中のFF11の後継にあたる新MMORPGを待ったほうが得策のように思います。私見ですが、07年5月16日で五周年を迎える訳ですが、その際か、今年中までには新MMORPGに関するより具体的な情報が出て、来年の秋頃にはβテストの話しが出ているのではないかと思います。
posted by riri at 21:34 | ファイナルファンタジー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。